藤井保、写真家としての40年間を振り返る
「私が見たもの、出会った人」展

1980年代から今日までのヒストリーを4つの展示空間に分けて展示。

22 May 2018

AREA

東京都

Share

私が見たもの、出会った人

藤井保の写真展「私が見たもの、出会った人」が531日(水)からキヤノンギャラリーSで開催される。

本展では、1980年代から今日まで誰もが知っている広告写真や、自然や人物を独自の空気感で写し撮った作品など、幅広い分野で活躍すると同時に、フィルム&銀塩プリントのオーソリティである藤井が、写真家としての40年間の活動をふりかえるモノクロ・カラー約320点を4つの展示空間に分けて展示。作品を通し、“物と人”それぞれが風景の中で何を語り、どう見えているのかを見つめていく。

なお会期中6月5日(火)19:00からは、アートディレクター・葛西薫と、プロダクトデザイナー・深澤直人をゲストに迎え、展示作品や映像を紹介しながら藤井の写真家としての40年間の活動について語るトークイベントが行われる。参加無料。

タイトル

「私が見たもの、出会った人」

会期

2018年5月31日(水)〜7月7日(土)

会場

キヤノンギャラリーS(東京都)

時間

10:00〜17:30

休館日

日曜、祝日

URL

http://cweb.canon.jp/gallery/archive/fujii-isawimet/index.html

Share