天王洲に国内外の建築写真が集結、
ルフ、杉本博司、ホンマタカシら13名の名作を展示

現代写真と建築の関係性を明らかにする「建築への眼差し -現代写真と建築の位相-」展。

31 July 2018

AREA

東京都

Share

杉本博司「サヴォア邸」(建築家:ル・コルビュジエ)

杉本博司「サヴォア邸」(建築家:ル・コルビュジエ)© Hiroshi Sugimoto / Courtesy of Gallery Koyanagi

国内外で活躍する13名の作家の作品を通じて、現代の写真表現と建築の間に存在する、より多義的で複雑な関係を示すことを目指す「建築への眼差し -現代写真と建築の位相-」展が天王洲アイル・建築倉庫ミュージアムにて8月4日(土)から開催される。

本展ではトーマス・ルフ、カンディダ・へーファーら「ベッヒャー派」から、杉本博司ホンマタカシなど多岐にわたる作家による建築写真が展示される。また被写体の中から6つの建築物の模型も展示され、模型を通じて建築物の全体像を把握することで、個々の写真表現の魅力や特徴がより深く楽しめる内容となっている。

さらに会期初日はカンディダ・へーファー、畠山直哉による対談イベントも開催予定。

タイトル

「建築への眼差し -現代写真と建築の位相-」

会期

2018年8月4日(土)~10月8日(月・祝)

会場

建築倉庫ミュージアム(東京都)

時間

11:00~19:00

休館日

月曜(祝日の場合、翌火曜休館)

入場料

【一般】3,000円【大学生/専門学校生】2,000円【高校生以下】1,000円

URL

https://archi-depot.com/exhibition/a-gaze-into-architecture

今井智己「聖ベネディクト教会#03」 © Tomoki Imai / Courtesy of Taka Ishii Gallery Photography / Film

カンディダ・へーファー「エルプフィルハーモニー・ハンブルク ヘルツォーク&ド・ムーロン ハンブルグ II 2016」 © Candida Höfer, Köln / VG Bild-Kunst, Bonn Courtesy Yuka Tsuruno Gallery

トーマス・ルフ「h.t.b. 02」 © Thomas Ruff / Courtesy of Gallery Koyanagi

Share