尾仲浩二「slow boat」展、
モノクロ写真の代表作を展示

ファン必聴のトークイベントやワークショップも開催。

10 August 2018

AREA

大阪府

Share

© Onaka Koji

© Onaka Koji

尾仲浩二の写真展「slow boat」が大阪・ギャラリー・ソラリスにて8月19日(日)まで開催中。

2003年に出版された写真集『slow boat』は、2017年秋、中国の出版社imageless studioから復刻された。本書は尾仲が主催するギャラリー「街道」の窓からの一枚から始まり、1983年〜99年まで日本各地を旅して撮影したモノクローム写真だけで構成され、2000年以降、ネガカラーへと移行した尾仲が撮った最後のモノクロームであると同時に、尾仲の代表作のひとつといえる。

本展では『slow boat』に掲載された作品を記念展示するだけでなく、会期中の8月11日(土・祝)には、尾仲によるトークイベントとブックサイニング、作品講評ワークショップも開催される。

タイトル

「slow boat」

会期

2018年8月7日(火)〜8月19日(日)

会場

ギャラリー・ソラリス(大阪府)

時間

11:00~19:00

休館日

8月13日(月)

URL

https://solaris-g.com/portfolio_page/180807/

© Onaka Koji

© Onaka Koji

Share