“永遠の妖精”と呼ばれた名女優を写真で、
小さな写真展「Audrey Hepburn」

オードリー・ヘプバーンを撮影した貴重なゼラチン・シルバー・プリント作品を約24点展示。

12 October 2018

AREA

東京都

Share

麗しのサブリナ 1954 © The Kobal Collection / M84

麗しのサブリナ 1954 © The Kobal Collection / M84

『ローマの休日』のアン王女役などで世界中から愛された女優・オードリー・ヘプバーンを特集した小さな写真展「Audrey Hepburn」が銀座・Art Gallery M84で11月19日(月)から開催される。

本展はArt Gallery M84の第80回目の展示として実施する企画展。Bildarchiv Peter W. Engelmeier、The kobal Collectionの作品から、『麗しのサブリナ』などヘプバーンの代表作である映画のワンシーンやポートレート作品を主に、また写真家・シッド・エイブリーが1957年に撮影したプライベートショット、ペットと自転車に乗っている写真など約24点展示する。

タイトル

小さな写真展「Audrey Hepburn」

会期

2018年11月19日(月)~12月29日(土)

会場

Art Gallery M84(東京都)

時間

10:30~19:30(最終日は17:00まで)

料金

500円

URL

http://artgallery-m84.com/?p=5420

Share