影と光の表現を追求した澤田知子「影法師」展

写真の基本でもある光と影の表現として完成された作品群。

17 December 2018

AREA

東京都

Share

影法師

内面と外見の関係性をテーマにセルフポートレイトなどの手法を使い、作品を展開する澤田知子の個展「影法師」が恵比寿・MEMで開催中。

自身がニューヨークで生活をしていた体験をもとに、日本人の自分からアジア人の自分300人に変装し、国籍や人種を超えてアイデンティティの揺らぎを直視した前作「FACIAL SIGNATURE」から“どうやって人は人を判断するのか”という疑問に取り組んできた澤田。

その疑問と向き合いながら、秘密を組み込みつつ写真の基本でもある光と影の表現として完成された本作をぜひ観に行ってみてはいかがだろうか。

タイトル

「影法師」

会期

2018年12月1日(土)~12月28日(金)

会場

MEM(東京都)

時間

12:00~20:00

休館日

月曜

URL

http://mem-inc.jp/2018/11/19/181201_sawada/

Share