暗室作業への情熱が浮かび上がる、
新山清写真展「KONTAKT」

コンタクトプリントからセレクトした6x6判のヴィンテージプリントを約36点展示。

22 March 2019

AREA

東京都

Share

KONTAKT

新山清の写真展「KONTAKT」が目黒・金柑画廊で3月30日(土)から開催される。

新山(1911~1969)は戦前から戦後にかけて活動した写真家。風景から人物まで、さまざまな作品を数多く残した新山。真摯に自由に写真を撮り続けた彼の作品の多くは、サブジェクティブフォトグラフィー(主観主義写真)として国内外で評価されている。

本展は新山が数多く残したコンタクトプリントからセレクトした約36点の6×6判のヴィンテージプリントを展示。撮影はもちろん暗室作業にも熱心に取り組んでいた新山。コンタクトプリントとは、現像したフィルムを印画紙に密着(コンタクト)させて原寸プリントしたもの。自身の手で一枚一枚丁寧に焼いたコンタクトプリントが数多く残っていることからも、暗室作業への情熱が見てとれる。

タイトル

「KONTAKT」

会期

2019年3月30日(土)~4月28日(日)

会場

金柑画廊(東京都)

時間

12:00~19:00

休館日

月~水曜(祝日を除く)

URL

http://www.kinkangallery.com/category/news/