目を閉じた刹那に刻まれる一瞬をとらえる、
立木義浩「まばたき」展

それぞれ異なるスナップ・ショットのモノクローム作品約15点を展示。

29 July 2019

AREA

東京都/京都府

Share

まばたき

© Tatsuki Yoshihiro

ファッション、ポートレート、スポーツとジャンルにとらわれることなく数多の作品を発表し、半世紀以上にわたって写真界を牽引してきた立木義浩の写真展「まばたき」が、823日(金)から銀座・ライカギャラリーとライカギャラリー京都で同時開催される。

今回の写真展では、立木がライカを手に街を歩き、まばたきするように無心で切り取ったスナップ・ショットを自ら厳選し展示。多くの写真家にとって特別な存在といえるライカを手にしたとき、立木の目に何が映ったのか。 まばたきは一瞬の永遠。目を閉じた刹那に刻まれる一瞬が永遠になったとき、ありふれた風景が饒舌に語り出す。

▼東京
タイトル

「まばたき」

会期

2019年8⽉23⽇(金)~12⽉4⽇(水)

会場

ライカギャラリー東京(東京都)

時間

11:00~19:00

休館日

月曜

▼京都
タイトル

「まだたき」

会期

2019年8月24日(土)~12月4日(水)

会場

ライカギャラリー京都(京都府)

時間

11:00~19:00

休廊日

月曜