トルコに生息するカンガルドックを追う、
猪原悠「Kangal」展

1000年前からアナトリア高原に生き続けるといわれる犬を見つめる。

05 August 2019

AREA

東京都

Share

Kangal

猪原悠の写真展「Kangal」がキヤノンギャラリー銀座で8月19日(月)から開催される。

若木信吾に師事し、KYOTO KG +(2017)やNEW JAPAN PHOTO3ドバイ特別展CHI-KAへの出展のほか、被爆者のいまを撮影したシリーズ「戦争は終わりましたか」や能登半島をテーマにした「tabi」を発表する傍ら、トークイベント「ぼくらの会いたいひと」の主催など、積極的に活動する猪原。

今回被写体とするのは、トルコ中央部に生息するカンガルドックという品種の犬。カラヴァシュの愛称で呼ばれるこの犬は、現地の意味で「黒頭」を意味するカンガルは、1000年も前からアナトリア高原に生き続けるといわれており、いまもオオカミから家畜を守っている。そんなカンガルを撮影しに日本から渡航し、彼らの姿を切り取った。

タイトル

「Kangal」

会期

2019年8月19日(月)~8月28日(水)

会場

キヤノンギャラリー銀座(東京都)

時間

10:30~18:30(最終日は15:00まで)

休館日

日曜、祝日

URL

https://cweb.canon.jp/gallery/archive/inohara-kangal/index.html

Share