日本写真史上ベールに包まれたK.P.S.の活動に注目
「K.P.S. 植木昇 小林祐史 二人展」

前衛写真の表現がいかにK.P.S.のなかで継承・発展していったかを紐解く。

17 September 2019

AREA

東京都

Share

K.P.S.  植木昇  小林祐史 二人展

「K.P.S. 植木昇 小林祐史 二人展」が9月14日(土)から恵比寿・MEMで開催される。

K.P.S.(キヨト・フォト・ソサエティ)は1920年代に京都帝国大学医学生で美学にも造詣が深かったという後藤元彦によって写真表現を追求するために設立。当時関西で活動していた浪華写真倶楽部、丹平写真倶楽部、芦屋カメラクラブ等アマチュア写真団体のひとつだった。

設立当初は所謂芸術写真のスタイルで絵画調の作品が多かったが、徐々に前衛写真、シュールレアリスムの影響を受けたものがみられるようになる。特に戦後はフォトモンタージュや抽象写真等の実験的な試みが会員によって次々と発表される。

戦後復興第一回目の展覧会を「自由写真美術展」と称して1948年京都大丸で開催。会員18名が80点程の作品を展示、うち30点は当時では珍しいカラーの抽象写真だったという。

本展は、日本の写真史のなかでもいまだ詳らかにされていないK.P.S.の活動に注目し、この時期の代表的な作家、植木昇と小林祐史の仕事が紹介される。

植木は1956年の国際主観主義写真展にも出展、手彩色の抽象的なオブジェで構成された作品で知られ、小林は戦後復興の中で出現した都市風景や建築、静物、小道具をモンタージュした作品が代表的である。

戦前に興った前衛写真の表現がいかにK.P.S.のなかで継承され発展していったのか、植木、小林両氏の40年代後半から50年代にかけての当時のプリントを展示することで考察していく。

タイトル

「K.P.S. 植木昇 小林祐史 二人展」

会期

2019年9月14日(土)~10月6日(日)

会場

MEM(東京都)

時間

12:00~20:00

休館日

月曜

URL

http://mem-inc.jp/2019/08/29/190914kps/