濱田祐史、マーク・ボスウィックら5名が参加
「(RE)PICTURE: 5×16-01」展

ビジュアル雑誌『(RE)PICTURE』の創刊記念展「(RE)PICTURE: 5×16-01」が、10月11日(金)より恵比寿・POSTで開催中。

11 October 2019

AREA

東京都

Share

(RE)PICTURE

『(RE)PICTURE』は「視覚的な想像力の再生」をコンセプトに掲げるビジュアル雑誌で、創刊号には国籍の異なる5人の写真家がそれぞれ16ページずつ参加。作家がそのコンセプトを解釈し、ロンドンのデザインスタジオ・OK-RMのデザインによって再構成された。本誌自体には文字情報がなく、書籍に関連して発表されたTシャツやトートバック、また公式サイトにのみテキストが載っている点にも(RE)PICTUREのコンセプトが表れており、言葉の壁を超えたイメージという共通言語のみを掲載することで、イメージから想像するという行為がもつ伝達力に注目し、現代社会に溢れている情報伝達としての画像とは違う役割を表現している。

創刊号では、これまで『Purple』や『i-D』といった雑誌へのコントリビューションや、数々のファッション・ブランドとのコラボレーションで注目を集めるマーク・ボスウィック、「ポール・ハフ・アワード」や「MACK First Book Award」へのノミネートなど、近年評価の高まるフランスの写真家マーヴィン・ルーヴェイ、リアリティと写真の一貫性に対して問いを投げかける作品を精力的に発表しているオランダのヤープ・シェーレン、 近年Photo London / Somerset HouseやFoam 写真美術館で展覧会が行われているイギリスのセオ・シンプン、 そして11月30日から東京都写真美術館で始まる「日本の新進作家vol.16」展の一人として選出されている日本の濱田祐史の5名が参加。

本展では、雑誌を印刷する際に使用した版をイメージごとに展示販売。オリジナルという言葉を「ひとつしかない」という意味でとらえたとき、大量の印刷物を制作するために使用された版自体は一点のみしか存在しない。印刷が「複製」技術である一方で「オリジナル」も内包しうる、写真にも共通する「複製とオリジナルの関係性/パラドクス」に挑戦した試みとなる。

タイトル

「(RE)PICTURE: 5×16-01」

会期

2019年10月11日(金)~11月3日(日)

会場

POST(東京都)

時間

12:00~20:00

定休日

月曜

イベント

10月19日(土)18:00~20:00「オープニングレセプション」

URL

http://post-books.info/news/2019/10/11/exhibition-repicture-magazine