写真、映像、テキストを中心としたインスタレーション、藤村豪個展「誰かの主題歌を歌うときに」

「誰かの主題歌を調子はずれに歌」いながら奔走する藤村独特のアプローチ。

02 June 2020

AREA

東京都

Share

《ポストカード(新しい手紙を書くために)》〈読めない手紙 / 新しい手紙〉より 2020 | replicated postcard (offset print) | 148 × 100 mm © Takeshi Fujimura, courtesy KANA KAWANISHI GALLERY

《ポストカード(新しい手紙を書くために)》〈読めない手紙 / 新しい手紙〉より 2020 | replicated postcard (offset print) | 148 × 100 mm © Takeshi Fujimura, courtesy KANA KAWANISHI GALLERY

藤村豪個展「誰かの主題歌を歌うときに」が白河・KANA KAWANISHI GALLERYで6月6日(土)より開催される。

藤村は「他者の経験を私たちはどのように理解するのか」、そしてその分有についてを確かに実感し得るものとして、主に写真や映像で提示する作品群を一貫して制作し続けてきた。

本展「誰かの主題歌を歌うときに」は、藤村が日常的に向かい合う出来事をモチーフに、写真、映像、そしてテキストを中心としたインスタレーションで構成される。届いたときにあらかた文字が消えていたポストカード、作家自身のそれとは異なる姿をした息子の左手、身近な自然現象についての探索、友人の離婚をめぐる対話。その起点をより私的なものとしながら、さまざまな出来事の理解のために試みた「手探りで無遠慮」な、そして「不自然な再演」についての記録の数々が紹介される。

また本展では、自動翻訳を介した深川雅文(キュレーター・クリティック)との往復書簡を、パフォーマンス作品として展覧会の会期中に完成させる。

タイトル

「誰かの主題歌を歌うときに」

会期

2020年6月6日(土)~7月11日(土)  7月18日(土)

会場

KANA KAWANISHI GALLERY(東京都)

時間

13:00~19:00(最終日のみ〜18:00)

休館日

日月曜、祝日

URL

http://www.kanakawanishi.com/exhibition-026-takeshi-fujimura

《同じことを繰り返し質問する/同じことを繰り返し思い出す(どうして離婚したの?)》
2014-2020 | HD video, sound © Takeshi Fujimura, courtesy KANA KAWANISHI GALLERY

《同じことを繰り返し質問する/同じことを繰り返し思い出す(どうして離婚したの?)》
2014-2020 | HD video, sound © Takeshi Fujimura, courtesy KANA KAWANISHI GALLERY

《同じことを繰り返し質問する/同じことを繰り返し思い出す(どうして離婚したの?)》
2014-2020 | HD video, sound © Takeshi Fujimura, courtesy KANA KAWANISHI GALLERY

《同じことを繰り返し質問する/同じことを繰り返し思い出す(どうして離婚したの?)》
2014-2020 | HD video, sound © Takeshi Fujimura, courtesy KANA KAWANISHI GALLERY

《同じことを繰り返し質問する/同じことを繰り返し思い出す(どうして離婚したの?)》
2014-2020 | HD video, sound © Takeshi Fujimura, courtesy KANA KAWANISHI GALLERY

《花を浮かべる(左のための再演)#1》 2020 | archival pigment print © Takeshi Fujimura, courtesy KANA KAWANISHI GALLERY

《左手が雪を降らせる(左のための再演)#3》 2020 | archival pigment print © Takeshi Fujimura, courtesy KANA KAWANISHI GALLERY

《左手が左手を作る(左のための再演)》 2020 | archival pigment print © Takeshi Fujimura, courtesy KANA KAWANISHI GALLERY