松川朋奈と山谷佑介による二人展「OBJECTS IN MIRROR ARE CLOSER THAN THEY APPEAR」

自身の表現に対する変化や社会が持つ不確かな眼差しを照射するような新作シリーズを発表。

04 June 2020

AREA

東京都

Share

(左)松川朋奈、新しい100年、2020;(右)山谷佑介、2019年2月26日 東京都杉並区、2020

(左)松川朋奈、新しい100年、2020;(右)山谷佑介、2019年2月26日 東京都杉並区、2020

松川朋奈と山谷佑介による二人展「OBJECTS IN MIRROR ARE CLOSER THAN THEY APPEAR」が、6月20日(土)からYuka Tsuruno Galleryで開催される。

2016年の二人展「at home」以来、2回目となる本二人展。4年前の「at home」では「家」に象徴される私的空間や日常生活に残された痕跡、人間の営みの不可視な側面に焦点を当てた二人は、ここ数年をかけて私生活や作品制作における変化と新たな気付きを受け入れながら制作活動をしてきた。本展タイトル「OBJECTS IN MIRROR ARE CLOSER THAN THEY APPEAR」 は、アメリカやカナダなどの国において車のサイドミラーに貼られた安全警告で、鏡にはまだ遠くに映って見えるものが実際には近くにあるということの注意を促したもの。この警告が鏡に貼られていることから、日常的には遠くにあると思っていたものが、本当はすぐそばにあるということを私たちは容易に忘れてしまう。

本展においては、そういった遠くに感じているものがいかに自分たちの身近にあったのかという距離感や社会、個人の視線を反射する日常を構成する風景など、各々の経験から導き出される。

タイトル

「OBJECTS IN MIRROR ARE CLOSER THAN THEY APPEAR」

会期

2020年6月20日(土)~8月8日(土)

会場

Yuka Tsuruno Gallery (東京都)

時間

11:00~18:00(今会期中は金曜も18:00まで)

休館日

日月曜・祝日

URL

https://yukatsuruno.com/exhibitions/pr083_objectsinmirror

松川朋奈、新しい100年、2020;

山谷佑介、2019年2月26日 東京都杉並区、 2020