土田ヒロミ、藤岡亜弥ら20名によるグループ展
「東京2020 コロナの春」

写真家が切り取る緊急事態宣言下の日本。

15 June 2020

AREA

東京都

Share

© Mitsugu Ohnishi

© Mitsugu Ohnishi

グループ展「東京2020 コロナの春〜写真家が切り取る緊急事態宣言下の日本〜」が、コミュニケーションギャラリーふげん社で6月28日(日)まで開催中。

2020年春、オリンピックが予定されていた東京に新型コロナウィルスが到来し、私たちは生活スタイルとマインドに大きな転換を余儀なくされた。パンデミック下において写真家がどのように表現したのかを提示し、これからの写真表現を考えるべく、幅広い年齢層、異なる国籍を背景に持つ写真家20名が集結。

タイムリーな表現を社会へ向けて即時的に発表することで、表現者、鑑賞者それぞれが思考を深めるきっかけとなり、現代に生きる私たちにとって、これからを力強く歩む一歩となるような展覧会を目指す。

▼出展作家
Area Park、大西みつぐ、オカダキサラ、蔵真墨、GOTO AKI、小林紀晴、佐藤信太郎、John Sypal、田口るり子、土田ヒロミ、田凱、中藤毅彦、新納翔、橋本とし子、普後均、藤岡亜弥、港千尋、元田敬三、山口聡一郎、Ryu Ika(50音順)

タイトル

「東京2020 コロナの春〜写真家が切り取る緊急事態宣言下の日本〜」

会期

2020年6月11日(木)〜6月28日(日)

会場

コミュニケーション ギャラリーふげん社(東京都)

時間

12:00~19:00(土日は12:00〜18:00)

休館日

月曜

URL

https://fugensha.jp/events/20200611coronatokyo/