カラー写真によるさまざまな表現、
PGI Summer Show 2020「Colors」展

17 July 2020

AREA

東京都

Share

© Reiko Sawamoto

© Reiko Sawamoto

PGI Summer Show 2020「Colors」展が、7月21日(火)から東麻布・PGIで開催される。

美術の歴史において、工業製品の技術の進歩は、表現の可能性の拡大に大きく寄与してきた。とりわけ写真は、技術と表現が非常に密接で、技術の変化、革新に、大きく影響を受ける分野だ。

1839年にダゲレオタイプが発明されてから昨年で180年。それからおよそ100年後の、1940年代にカラーフィルムが実用化されたが、保存性や表現性の観点から、作品に用いられることは稀で、写真家が表現の手段としてカラーフィルムを手にしたのは、1970年代のこと。現在では、デジタルでの撮影や、インクジェットでのプリント制作における保存性もある一定のレベルに達し、多くの写真家がデジタルによる作品の制作、発表を行なっている。

レンズを通して世界を見つめ、白と黒の階調で自身の表現を獲得してきた写真家がカラー写真を手にしたとき、その表現の幅はどのように変化し、また広がったのだろうか。モノクロの表現よりも如実に「色付きの現実」が印画紙の上に現れることに戸惑った写真家もいたかもしれない。

石元泰博の代表作「桂離宮」は1953/54年にもともとモノクロで撮影されたが、1983年には「桂離宮 空間と形」(岩波書店)としてカラーで撮影した桂離宮(1981年撮影)の作品を発表している。本展では、これら桂離宮のカラー作品を中心に、1940年代に撮影されたハリー・キャラハンによる抽象絵画のような美しいカラー作品、NASAによる宇宙空間の記録など、カラー写真によるさまざまな表現を楽しめる。

▼出展作家
ハリー・キャラハン、ジャン・グルーバー、濱田祐史石元泰博、川田喜久治、久保田博二、圓井義典、リチャード・ミズラック、オサム・ジェームス・ナカガワ、NASA、オリビア・パーカー、エリオット・ポーター、澤本玲子、コール・ウェストン

タイトル

PGI Summer Show 2020「Colors」

会期

2020年7月21日(火)〜8月21日(金)

会場

PGI(東京都)

時間

11:00〜18:00

定休日

日曜、祝日

URL

https://www.pgi.ac/exhibitions/5889/

© Osamu James Nakagawa courtesy of PGI

© Kikuji Kawada courtesy of PGI

© Yoshinori Marui courtesy of PGI

© Yuji Hamada courtesy of PGI