認識と知覚のあわいを往還する
オノデラユキの新作個展「TO Where」

08 September 2020

AREA

東京都

Share

TO Where

オノデラユキ「TO Where」展が、9月8日(火)よりYumiko Chiba Associates viewing room shinjukuで開催中。

オノデラは独学で写真技術を身に付け、作家活動をスタート。1993年に渡仏し、2003年に写真集『カメラキメラ』で第28回木村伊兵衛写真賞、2006年にはフランスにおける最も権威ある写真賞「ニエプス賞」を受賞するなど、世界的な活動を続け、現在もパリを拠点に制作活動を行っている。

新作個展となる本展は、コラージュ、ペインティング、フォトグラム、ドリッピングといった行為によって、何らかの操作がなされた写真で構成。銀塩写真プリントもすべてオノデラ自身によるもので、これらのシリーズは「Darkside of the Moon」と名付けられた。たしかに存在することは知っていても、その場所からは見えない「月の裏側」。写真というメディアの探究において、認識と知覚のあわいを往還するオノデラの新作をぜひ観てみては。

また、オノデラの初期の代表作「古着のポートレート」ほかの作品を展観する「FROM Where」展も、THE GINZA SPACEで同時開催中。こちらは11月29日(日)まで。

タイトル

「TO Where」

会期

2020年9月8 日(火)~10月10日(土)

会場

Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku(東京都)

時間

12:00~18:00

休廊日

日月曜・祝日

URL

http://ycassociates.co.jp/exhibitions/2020/08/27/1075/