ギヨーム・シモノー『EXPERIMENTAL LAKE』
キーワードは“双対性の原理”

カナダ人フォトグラファーの作品集『EXPERIMENTAL LAKE』がMACKから刊行。

28 April 2018

Share

EXPERIMENTAL LAKE

カナダ人フォトグラファー、ギヨーム・シモノーの作品集『EXPERIMENTAL LAKE』がMACKから刊行された。

本作は、公共の利益と必要悪というふたつを並べた“双対性の原理”から着想を得ており、世界的に有名な自然研究所を囲む原始のままの状態にある58の湖についての作品集というよりは、外部の目として客観的に観察し、自分たちによる省察の域を越えて世界を熟考するための手段として、隠喩に富んだこの淡水湖の写真を用いている。

物語的な記録や解釈への依存を引き剥した上で、水生植物と陸生植物の生命体やその地域を拠点とする国際的な科学者団体が使用した手作り器具といった物の間を縫って、イメージのシークエンスが流れていく。

得体の知れないループ状のモチーフによって結びつけられた本作の写真群は、ひとつの明るく照らされた旅路へと我々を誘う。

タイトル

『EXPERIMENTAL LAKE』

出版社

MACK

価格

6,000円+tax

発行年

2018年

仕様

ハードカバー/220mm×290mm/80ページ

URL

https://twelve-books.com/collections/all/products/experimental-lake-by-guillaume-simoneau

Share