家を失った人々のその後を描く、
ヴィージェイ・ヴィラフランカ『Signos』

フィリピン人フォトグラファーの作品集『Signos』がMAPA BOOKSから刊行。

07 May 2018

Share

Signos

フィリピン人フォトグラファー、ヴィージェイ・ヴィラフランカの作品集『Signos』がMAPA BOOKSから刊行された。

作者は、熱帯地域であるフィリピンで、2009年以降続く異常気象やマニラでの大規模な洪水に続いて起きた2013年の台風によって困難な状況に陥ってしまった人々の生活を記録し続けた。

本作は、家を失った人々が最終的に移住を果たすまでの日々に向き合う壮大な挑戦になりうるプロジェクトであり、精神衛生状態や、家族を失ったことによる継続的な心理的苦痛、移住地で直面する辛さなど、肉眼で見る事実よりも上回る危険性を生み出した台風「ハイエン」、そしてその余波と未来について考える一冊となっている。

タイトル

『Signos』

出版社

MAPA BOOKS

価格

7,800円+tax

発行年

2018年

仕様

ハードカバー/195mm×226mm/144ページ

URL

https://twelve-books.com/products/signos-by-veejay-villafranca

Share