スチュアート・ウィップスの出版作品シリーズ二作目『WHITE ASHES FELL』

メキシコの自治体ヒリトゥラで撮影したコンクリート構造物のコレクションたち。

30 July 2018

Share

WHITE ASHES FELL

イギリス人アーティストのスチュアート・ウィップスの作品集『WHITE ASHES FELL』がLoose Jointsから刊行された。

本書はウィップスの出版作品シリーズ『Tick, Tack, Tick, Tack, Tick』の第二作目であり、進行中のプロジェクトやそれにまつわるアイデアから抜粋した作品、主にメキシコのサン・ルイス・ポトシ州にある自治体ヒリトゥラで2012年に撮影された写真で構成。

作者がイギリスの詩人エドワード・ジェームスが1962年から1979年の間に建てたシュルレアリスム彫刻の庭園「ラス・ポサス」に赴き、『The House with Three Stories That Could Be Five』や『The Temple of The Ducks』と名付けられた作品を含む、36の大きなコンクリート構造物のコレクションを写している。

タイトル

『WHITE ASHES FELL』

出版社

Loose Joints

価格

2,650円+tax

発行年

2018年

仕様

ソフトカバー/210mm×270mm/44ページ

URL

https://twelve-books.com/products/white-ashes-fell-by-stuart-whipps

Share