厳しい環境で氷上釣りをするカザフスタンの漁師たち、アレクセイ・コンドラチェフ『ICE FISHERS』

厳しい気候から身を守るために拾ってきた梱包資材や米袋などを繋ぎ合わせたテントのような道具に着目。

01 November 2018

Share

ICE FISHERS

キルギス人フォトグラファー、アレクセイ・コンドラチェフの作品集『ICE FISHERS』がLoose Jointsから発行された。

カザフスタンの漁師たちは、何世代にもわたって氷の下の魚を取るために凍り付いたエシム川で氷上釣りを行ってきた。エシム川が流れる首都アスタナは、この国で石油の生産が始まった1990年代にほぼ何もないところから建設された高層ビルの立ち並ぶ未来都市である。ポスト・ソビエトの現代性の象徴かつ、世界経済へとカザフスタンが仲間入りする太鼓判となるべく造られたこの街の川では、漁師たちが氷点下40度になることも珍しくない氷の上で危険を冒して漁をする。

厳しい気候から身を守るために人々は、ヨーロッパや中国、ロシア製の商品を売る市場外で拾ってきた梱包資材や米袋など使われなくなったビニールを繋ぎ合わせてテントのようなものを作る。

本書で輸入によってもたらされた素材の流用や、その補助的な使われ方に注目したアレクセイは、グローバル資本主義における物品の流れや、地元の遊牧民的な習俗への影響に光明を投じ、国際的な貿易政策と個人の生活とが出会う点を明らかにする。

タイトル

『ICE FISHERS』

出版社

Loose Joints

価格

4,400円+tax

発行年

2018年

仕様

ソフトカバー/240mm×300mm/60ページ

URL

https://www.twelve-books.com/collections/all/products/ice-fishers-by-aleksey-kondratyev