医学と写真で構成された脳でとらえた自然の姿、
石井靖久『a sea of cells、a forest of nerves』

「Staining」に続く2冊目となる写真集が限定700部でbookshop Mから刊行。

23 May 2019

Share

a sea of cells, a forest of nerves

818日(日)まで銀座・ライカギャラリー東京で開催中の「細胞の海、神経の森」展に合わせた写真集『a sea of cellsa forest of nerves』が、限定700部でbookshop Mから出版される。

「水滴は細胞のように、木や森は神経のように、そして雨や雪は自然と繋がる伝達物質のように」

石井靖久にとっては昨年末に発表した「Staining」に続く2冊目となる本書。医学と写真で構成された脳でとらえた自然の姿を投影した作品を収録し、デザインは前作「Staining」に続き町口覚が担当する。

タイトル

a sea of cells, a forest of nerves

出版社

bookshop M

価格

2,200円+tax

出版年

2019年

仕様

3つ目糸綴じ製本/B5判/28ページ

URL

https://s.imaonline.jp/2ILfxma

Share