映画的な物語で内面をさらけ出す、
カトリアン・デ・ブラウワー『WHY I HATE CARS』

「カメラを用いない写真」を追求した“写真集”がLIBRARYMANから刊行。

20 June 2019

Share

WHY I HATE CARS

ベルギー人コラージュアーティスト、カトリアン・デ・ブラウワーの作品集『WHY I HATE CARS』がLIBRARYMANから刊行。

前作『When I Was a Boy』に引き続き本書でも 「カメラを用いない写真」を追求しているブラウワー。絵画とファッションを学んだのち、古い雑誌や新聞から集めたイメージを用い、何にも縛られることなく制作に没頭した。この癒しを伴う自己探求は、その後の制作の原点となっている。

独自のコラージュを通じ、誰のものか分からない映画的な物語を紡ぎ、自分の内面をさらけ出す。本作では絵の具やクレヨンを取り入れることを試み、物語に色のレイヤーを付け加えた。

本書の刊行に合わせて、7月21日(日)まで恵比寿・POSTで刊行記念展も開催中。

タイトル

『WHY I HATE CARS』

出版社

LIBRARYMAN

価格

6,400円+tax

出版年

2019年

仕様

ハードカバー/200mm×250mm/72ページ

URL

https://ja.twelve-books.com/collections/all/products/why-i-hate-cars-by-katrien-de-blauwer