IMAPEDIA

マリア・グルズデヴァ
Maria Gruzdeva

PROFILE

1989 –
ロシア生まれ。 現在はロンドンを拠点に活動している。写真を通し人々が共有する記憶(Collective Memory)、帰属意識、土地とそこに住む人が持つアイデンティティの関係性を追求している。写真集『Border: A journey along the edges of Russia』(Schilt Publishing、2016)は数々のメディアで取り上げられ、2016年に『Forbes』が選ぶ「30 Under 30 in the Arts category Europe」に選出された。主な受賞歴にGabriele Basilico International Prize (建築・風景写真部門)、Ideas Tap & Magnum Photos Photographic Award、Magenta Flash Forward Emerging Photographer などがある。作品は『Direction–Space! 』(Dewi Lewis Publishing、2011)、『Border: A journey along the edges of Russia』(Schilt Publishing、2016)、『The Song of Tkvarcheli』(Danilo Montanari Editore、2017) 、『Firecrackers: Female Photographers Now』(Thames & Hudson、2017)などの書籍で紹介されている。また、イギリス・ウェールズ国立博物館の常設展を始めとする数々の国際的グループ展、個展、フォトフェスティバルにて展示されている。日本では2016年に森美術館で開催された「宇宙と芸術展」に参加。

関連商品を購入

IMA ONLINE STORE

関連記事

VIEW MORE TOPICS

※過去に雑誌IMA、IMA ONLINEに掲載された内容をもとにしています。
情報が変更になっていることがありますので、詳細は公式HPなどでご確認ください。