質量への憧憬 〜前計算機自然のパースペクティブ〜

IMA galleryでは、メディアアーティスト・落合陽一の世界「質量への憧憬 〜前計算機自然のパースペクティブ〜」展を開催いたします。

Share

質量への憧憬 〜前計算機自然のパースペクティブ〜

これまでアマナは、ビジュアルコミュニケーションのエキスパート集団として、共感性の高いビジュアルで人々に感動を与えることをミッションとし、さまざまなビジュアルソリューションを提供してきました。昨今のインターネットの普及や情報端末の進化によって、媒介としての“メディア”のあり方そのものが問われ、また多様化する中、その表現方法は日々進化しています。写真に始まり、動画、CG、VFX、アニメーションと、時代と共に進化し続けるアマナが、このたび注目するのが、メディアアーティスト・落合陽一。

世界的なメディアアート賞であるアルス・エレクトロニカ賞を受賞するなど、国内外で注目されている落合はその肩書のとおり、メディアアートの制作、実世界志向コンピューティングの研究、研究開発の社会実装ための経営、大学教育を含めた教育活動やまた論文や書籍の執筆と活動領域は多岐にわたります。

メディアアートを含めた一連の制作において落合は「イメージによる表現」と「物質による表現」の間の表現の可能性について探求し続けてきました。そして、その落合の表現方法のひとつが「写真」です。アマナの原点でもある「写真」を接点に開催する本展では、落合の“写真家”としての一面に迫り、その美的感覚やイメージを表現します。

 

写真を撮ること、撮り続けることが好きだ。
メディアアートとして表現することで作家として消し去ろうとした一人称が、
写真やイメージを集合させることで浮かび上がる。

視点の集合と離散を通じて、不可逆な時間を生きることを自覚させられる。
瞬間と瞬間が物質性を伴って記録され、その展示自体も風景にされて行く。
そういったプロセスを感じながら過去を生み出して行くことが好きだ。

僕が写真を撮るとき、アナログな身体と光の中でそこにあるデジタルを研ぎ澄ます。
デジタルでしか見えない世界認識で、失われつつあるものを切り取り、
手触りを与えるプロセスを通じ、時間と空間の解像度との対話をしている。

by 落合陽一

 

本展では、このたびの展覧会のために撮り下ろした作品を含む、約20点の連作写真を始め、インスタレーションの展示も行います。メディアアーティスト・落合陽一が切り取る不可逆的な瞬間、視点、またその集合体としての風景が、言葉を超えてデジタル表現されることで、独特な美的感覚を人々に提供します。「写真」という二次元の表現方法が、どこまで人々の感性を刺激できるのか?本展では、落合が言葉での表現やビジュアル表現、メディアアート表現の間にある、質感や物質性そのものに注目した作品を通して、その美的感覚の根底を探ります。

タイトル

メディアアーティスト・落合陽一の世界「質量への憧憬 〜前計算機自然のパースペクティブ〜」

会期

2019年1月24日(木)~2月6日(水)

会場

IMA gallery(東京都)

時間

11:00~21:00(会期初日1月24日はレセプション開催のため16:30閉廊)

休廊日

同展会期中無休

観覧料

無料