「IMA next」テーマ“PORTRAIT”の
グランプリ受賞者が決定

今回はグランプリ、ショートリスト含め8名の作品が選出。

30 November 2019

Share

19才

鬼頭奈津子「19才」

誰もが応募できるオンラインの写真コンテスト「IMA next」第3弾のテーマ「PORTRAIT(肖像写真)」のグランプリ受賞者が発表された。

グランプリは鬼頭奈津子の作品「19才」。小阪は本作について、「私は、現在ガソリンスタンドでアルバイトをしながら好きに写真を撮って生活しています。被写体の方はそこの19才の先輩です。丸坊主で鼻にピアスが開いていて落書き感覚で入れているタトゥー、そしてもう戻れない19才という年齢に羨ましさともう少し仲良くなりたいという思いから撮らせてもらいました」と語った。審査員を務めた田中義久は選評として下記のように述べている。

“たった5枚の写真が、被写体の背景や環境、そして撮影者がどのような眼差しで被写体と向き合っているか、またどのように見せたいのかを雄弁に語っている。ポートレイトとしてはとても素直な作品といえるが、それゆえに感性や悟性の共感を生んだ際の強度も高まり、一度見たら忘れられないような魅力のある作品でした。”

なお、ショートリストにはNaoyuki Hata、伊藤海渡、Koji、金川信江、杉浦修治、坂本理、岩﨑麗奈の7名の作品が選ばれた。公式サイトにはショートリストの選評と受賞作品がそれぞれ掲載されている。

タイトル

「IMA next」THEME #04 “PORTRAIT(肖像写真)”

審査員

田中義久(アートディレクター、グラフィックデザイナー、Nerhol

グランプリ

鬼頭奈津子「19才」

ショートリスト

Naoyuki Hata「Hart Land」
伊藤海渡「人間のまえ」
Koji「Cabinet of Curiosity」
金川信江「公衆電話ボックス」
杉浦修治「spectrum」
坂本理「Faces」
岩﨑麗奈「Black Portrait」

URL

https://ima-next.jp/entry/portrait/

Naoyuki Hata「Hart Land」

伊藤海渡「人間のまえ」

Koji「Cabinet of Curiosity」

金川信江「公衆電話ボックス」

杉浦修治「spectrum」

坂本理「Faces」

岩﨑麗奈「Black Portrait」