ガス・ヴァン・サントがグッチを監督?
短編映画で新コレクション発表

11 November 2020

TAGS

Share

GucciFest

クリエイティブ・ディレクター、アレッサンドロ・ミケーレ率いるグッチが、新コレクションを短編映画で発表する。同ブランドが日本時間11月17日から22日まで開催するファッションと映画のデジタルフェスティバル「GucciFest」で公開。映画の監督を務めるのは、なんとミケーレとガス・ヴァン・サント。これまでダイバーシティ、社会的な映画を撮ってきたヴァン・サントとグッチがどのような化学反応を起こすのか興味が尽きないコラボレーションだ。

「OUVERTURE of Something that Never Ended(終わらなかったものの序曲)」と題されたこの短編映画は7つのエピソードで構成される。主人公を務めるのは女優・アーティストのシルヴィア・カルデローニ。各エピソードには、ポール・B・プレシアード、アキーレ・ボニート・オリーヴァ、ビリー・アイリッシュ、ダリウス・コンサリー、ルハンなどグッチと親交のある国際的スターがゲスト出演する豪華な内容だ。

GucciFest中、1日1エピソードが特設サイトGucciFest.com、ユーチューブなどで公開、配信される。一週間の連続テレビ小説のように観られるのも体験として面白い試みだろう。ミケーレは以前よりシーズンコレクションとしてショーで発表することに疑念を抱き、新しい発表形式を考えている旨を発言していた。スマートフォンによりインターネットにどこにいてもつながり、高速度な回線により動画をストレスなく視聴できる現代に適したプレゼンテーションだろう。電車の中でユーチューブを見ている人が多いのを首肯するはずだ。

コロナ禍においてコレクションショーを実際に見ることは難しい。かといって、ただショーをデジタルでグローバルに発表するのはもう当たり前のことで皆飽きている。グッチの新しいクリエイティビティに溢れるコレクション発表はどんな感動を生み出してくれるのか。いまから楽しみだ。

タイトル

「GucciFest」

会期

2020年11月17日(火)~11月22日(日)

URL

https://www.guccifest.com/#/en/signup

TAGS