川に抱かれた、どこにでもある どこかにある町、
公文健太郎「川のある処」展

目黒・Jam Photo Galleryで9月24日(火)より開催。

05 September 2019

AREA

東京都

Share

川のある処

© Kentaro Kumon

目黒・Jam Photo Galleryで公文健太郎「川のある処」展が9月24日(火)より開催される。

ルポルタージュ、ポートレートを中心に雑誌、書籍、広告で幅広く活動する公文。同時に国内外で「人の営みがつくる風景」をテーマに作品を制作し、近年は日本全国の農風景を撮影し「耕す人」と題して写真展・写真集にて発表。本展では人と川の関係性を見つめていく。

同時期キヤノンギャラリー銀座にて開催される「暦川」では北上川の250キロの流れを季節のうつろいとともに撮り、暦川と名付けることで日本の川と暮らしについて考えカラー写真でとらえている。 対して、本展は「川のある処」として、川に抱かれたどこにでもある、どこかにある町を想像し モノクロ表現でとまとめている。

タイトル

「川のある処」

会期

2019年9月24日(火)~10月6日(日)

会場

Jam Photo Gallery(東京都)

時間

12:00~19:00(日曜は17:00まで)

休館日

月曜

URL

https://www.jamphotogallery.com/exhibitions

© Kentaro Kumon

© Kentaro Kumon

© Kentaro Kumon