大都市・東京を巧みな空間把握でとらえる
中野正貴の集大成「東京」展

「TOKYO NOBODY」「東京窓景」「TOKYO FLOAT」を中心に、新作・未発表作で構成。

01 October 2019

AREA

東京都

Share

higashi-azabu,minato-ku,2004

higashi-azabu,minato-ku,2004 © Masataka Nakano

中野正貴「東京」展が11月23日(土)から恵比寿・東京都写真美術館で開催される。

変貌を続ける世界都市「東京」。中野は2020年オリンピックの舞台となるこの大都市を鋭い感性と巧みな空間把握で 30年余にわたり撮影し続けている。

誰もいない東京の姿を写した「TOKYO NOBODY」、ビルや民家の 窓から垣間見たシュールな「東京窓景」、川を漂い水上を浮遊する都市像を捉えた「TOKYO FLOAT」などを 発表し話題となった。

本展は“東京三部作”といわれる代表作を中心に、新作・未発表作で構成した集大成展。 本展用に編成された「TOKYO TOWER」や8×10など大型カメラで撮られた4m超の巨大プリントなど作 品約100点によって、巨大都市の変わりゆく表情を中野独自の視点でとらえた「東京」を展覧する。

また会期中にはリリー・フランキーとのトークイベントも開催される。

タイトル

「東京」

会期

2019年11月23日(土)~2020年1月26日(日)

会場

東京都写真美術館(東京都)

時間

10:00~20:00

休館日

月曜(ただし1月13日は開館)、12月29日(日)~1月1日(水・祝)、1月14日(火)

URL

https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3612.html

ginza,chuo-ku,1996 © Masataka Nakano

yoyogi,shibuya-ku,2000 © Masataka Nakano

nihonbashi,chuo-ku,2007 © Masataka Nakano

azumabashi,sumida-ku,2004 © Masataka Nakano

roppongi,minato-ku,2003 © Masataka Nakano