家族のかたちを模索した十年の軌跡、
植本一子「『うれしい生活』出版記念写真展」

生きる時間を隘れる光のなかにとらえた初の写真集。

05 February 2020

AREA

愛知県

Share

うれしい生活

写真家として、文筆家として、その類稀なる才能を発揮している植本一子による初の写真集『うれしい生活』の出版記念写真展が、2月8日(土)より名古屋・ON READINGで開催される。

植本一子は1984年、広島県生まれ。2003年にキヤノン写真新世紀荒木経惟より優秀賞を受賞し、写真家としてのキャリアをスタート。2013年に「天然スタジオ」を立ち上げ、一般家庭の記念撮影をライフワークとしている。これまでの著書に『かなわない』『家族最後の日』『降伏の記録』『台風一過』などがある。

本展では、娘たちの成長と夫・ECDの死-、家族のかたちを模索した十年の軌跡をとらえた写真を展示する。

タイトル

「『うれしい生活』出版記念写真展」

会期

2020年2月8日(土)~2月24日(月)

会場

ON READING(愛知県)

時間

12:00~20:00

休館日

火曜

URL

http://onreading.jp/exhibition/uemoto/