第44回「木村伊兵衛写真賞」は岩根愛

朝日新聞社、朝日新聞出版が主催する第44回(2018年度)「木村伊兵衛写真賞」の受賞者が岩根愛に決定した。

20 March 2019

AREA

東京都

Share

岩根愛『KIPUKA』から

岩根愛『KIPUKA』から

故木村伊兵衛の業績を記念して1975年に創設され、各年に優れた作品を発表した新人写真家を対象としている「木村伊兵衛写真賞」の第44回受賞者が岩根愛に決定した。対象作は写真集『KIPUKA』および展示「FUKUSHIMA ONDO」

岩根は1991年に単身渡米、ペトロリアハイスクールに留学。雑誌媒体、音楽関連等の仕事をしながら、世界の特殊なコミュニティーでの取材に取り組み、2006年以降ハワイにおける日系文化に注視し、2013年から福島県三春町にも拠点を構え、移民を通じたハワイと福島の関連をテーマに制作を続けている。2018年には初作品集『KIPUKA』(青幻舎)を上梓した。

今回の選考の詳細は3月20日(水)発売の『アサヒカメラ 2019年4月号』で紹介。特別別冊付録(36ページ)で作品が掲載されるほか、本人インタヴューや今回の選考過程についても伝えている。授賞式は4月24日(水)に東京・一ツ橋の如水会館で実施。また、受賞作品展が4月23日(火)~5月2日(木)に東京・新宿のニコンプラザ新宿 THE GALLERY 1で、6月13日(木)~6月19日(水)にはニコンプラザ大阪 THE GALLERYで開催される。なお、今回のノミネート作家はこちら

タイトル

第44回「木村伊兵衛写真賞」

URL

https://dot.asahi.com/dot/photoarticle/2019031900010.html

岩根愛『KIPUKA』から

岩根愛