「IMA next」第13弾のテーマは“LANDSCAPE”、
審査員はトッド・ハイド

グランプリは賞金10万円!応募受付は9月6日(日)まで。

09 July 2020

Share

#10845-7 © Todd Hido. courtesy of ROSEGALLERY 2012

#10845-7 © Todd Hido. courtesy of ROSEGALLERY 2012

IMA nextは、誰もが応募できるオンラインの写真コンテスト。毎月ひとつのテーマを掲げ、月ごとに変わるゲスト審査員が優れた作品を選出。優秀作品には賞が贈呈されるほか、IMA ONLINEや雑誌『IMA』での掲載、または展示の機会などのさまざまなチャンスが得られる。

9月6日(日)まで受付中の第13弾のテーマは“LANDSCAPE”。「ランドスケープ(風景)」という言葉を聞いて何を思い浮かべるだろうか?日々の中で出会う日常風景、旅先の異なる文化や土地で遭遇した自然風景、あるいはPC上で作り出される風景もあるかもしれない。写真史の誕生時には絵画の代替として、さまざまなカメラがとらえてきた千差万別の風景は、誰もが簡単に写真を撮れる時代を迎え、時間の経過とともにその意味を広げてきた。2020年の現在、世界の情勢や物事の価値観が目まぐるしく変わっていく現代において、もう一度私たちの足元を見つめながらランドスケープをとらえ直し、新しい風景と出会えることを期待している。

今回の審査員は、写真家のトッド・ハイド

タイトル

「IMA next」THEME #13 “LANDSCAPE”

応募期間

2020年7月6日(月)~9月6日(日)

応募料金

2,000円/1エントリー

URL

https://ima-next.jp/entry/landscape/

© Sayuri Ichida

© Sayuri Ichida

© Harumi Shimizu