川田喜久治、上田義彦、細江英公が選出した若き才能
「2018年度ヤング・ポートフォリオ」展

若手写真家の「原点」となる貴重な初期作品を清里フォトアートミュージアムで公開。

08 March 2019

AREA

山梨県

Share

2018年度ヤング・ポートフォリオ展

世界の若手写真家を支援するために、彼らの「原点」となる貴重な初期作品を購入・収蔵し、後世に残す「ヤング・ポートフォリオ」の2018年度展が山梨・清里フォトアートミュージアムで3月21日(木・祝)より開催される。

東欧からアジア、日本まで、2018年度収蔵作品など全171点を一堂に展示するこの展覧会。今年は川田喜久治、上田義彦、そして館長である細江英公が選考委員となり、収蔵作品を決めた。選出作家は以下の18名。

【選出作家】
K.M. アサド、浅田周麻、平野聡、ホアン・ユイシュ、キム・キュンボン、児玉和也、黒石千歳、イ・ジョンウン、中悠紀、小原一真、リュウ・イカ、高島空太、トミモとあきな、友長光明、宛超凡、ピョートル・ズビエルスキ、アリョーナ・ランダーロワ

タイトル

「2018年度ヤング・ポートフォリオ」展

会期

2019年3月21日(木・祝)~6月16日(日)

会場

清里フォトアートミュージアム(山梨県)

時間

10:00~18:00(入館は17:30まで)

休館日

火曜(4月30日は開館)

入館料

【一般】800円【学生】600円【中・高生】400円

URL

https://www.kmopa.com/?p=6740