木村恒介、瀧本幹也、藤井保展覧会、
それぞれの視点でとらえた“時間”

第12回恵比寿映像祭「時間を想像する」地域連携プログラム。

12 February 2020

AREA

東京都

Share

SURFACE 2017 Video Installation ©️ Mikiya Takimoto, Courtesy of MA2 Gallery

SURFACE 2017 Video Installation ©️ Mikiya Takimoto, Courtesy of MA2 Gallery

2月23日(日・祝)まで開催中の第12回恵比寿映像祭「時間を想像する」の地域連携プログラムとして。恵比寿・MA2 Galleryで木村恒介、瀧本幹也、藤井保による展覧会が開催されている。

木村恒介・瀧本幹也・藤井保「時間」を視ることはできるだろうか?藤井保の「人為・静」、瀧本幹也の「自然・動」二人の個性がコントラストを際立たせる、写真家による映像作品。写真を使い、時空が交差する作品を制作する現代美術家の木村恒介。とらえられた「時間」から広がる私たちの想像。

タイトル

「木村恒介・瀧本幹也・藤井保」

会期

2020年2月6日(木)〜2月23日(日・祝)

会場

MA2 Gallery(東京都)

時間

12:00~19:00

休廊日

月曜

URL

https://www.yebizo.com/jp/program/detail/2020-09-04