FIG OUT 2019 - 拡張するビジュアル表現 -

IMA galleryでは、ビジュアルコミュニケーション・テクノロジーを追求するプロトタイピング・ラボラトリー「FIGLAB(フィグラボ)」の企画展として、 表現の可能性を探る展覧会「FIG OUT 2019 - 拡張するビジュアル表現 -」を開催します。

Share

FIG OUT - 2019拡張するビジュアル表現 -

2013年に始動した「FIGLAB」は、これまでテクノロジー、デザイン、エンジニアリングを通して表現を拡張する試みを行ってきました。そのアプローチはドローンやロボティクス、ディープラーニングなど領域を問わず広がり続けています。活動の根底にあるのは、視覚表現を用いてアイディアやコンセプトを形にする「ビジュアルコミュニケーションを実現すること」という考え方。近年では、ラボラトリーとしての技術拡張に留まらず、アイディア実現の手法を、異なるフィールドの企業・集団との共創関係の中で追及し、さらなる表現の深化と新たなビジネス創出の可能性を広げていけるようになっています。組織の垣根を超えて互いに思考し、「ビジュアル」を核としながら画像・映像・インスタレーション・プロダクトなど、多様な形態をとってアウトプットしています。

本展では、企業・集団との〈ビジュアル表現とテクノロジーを基軸とする共創関係〉から生まれたさまざまな形のアウトプットを発信します。また、体験型の展示も予定しています。会期中、アマナのコミュニケーションプラットフォームである「H(エイチ)」メディアをハブに、トークセッションも開催します。

本展を通して、多くの人が、多面的なアプローチによるビジュアル表現が持つ可能性を体感し、考え、育む場となれば幸いです。

タイトル

「FIG OUT 2019 – 拡張するビジュアル表現 – 」

会期

2019年7月5日(金)〜7月14日(日)

会場

IMA gallery/session hall(東京都)

時間

11:00~19:00(初日のみ13:00オープン/入場は閉館の10分前まで)

休廊日

会期中無休

観覧料

無料

イベント

・7月5日(金)19:00〜21:00:オープニングレセプション
・7月10日(水)19:00〜20:30「ビジネスモデルから語らない、“共創と表現”の関係」
・7月11日(木)19:00〜20:30「表現で翻訳する、社会のあり様」

FIGLAB|フィグラボ
新しい技術を使い、「手を動かしながら考える」ことで、アイディアを即座に具現化・視覚化し、より高いレベルでの課題解決を目指すアマナのビジュアル・コミュニケーションテクノロジーを追求するプロトタイピング・ラボラトリー。オープンイノベーションの場として、映像/グラフィック/エンジニアリングなど多様な分野とコラボレーションし、あらたな表現と価値を生み出している。主にイベント・広告領域で活動。
http://figlab.jp/